食品ロス

img-mainvisual-bg

食品ロスとは

現在日本の人口は1億2千万人を超えておりますが、その人口を養うための食料は日本だけではまかなえず、海外に依存しています。
つまり、日本の食料需給率は40%程度しかなく、その大半を海外からの輸入に頼っています。
しかしそのような背景がある中、一方では、「本来食べられるのに捨てられてしまう食品」である食品ロスが大量に発生しているという現実があります。

食品ロスについて詳しく知りたい場合は、政府広報オンラインの「食品ロス」を減らそうのページをご覧ください。

foodloss-11.jpgfoodloss-12.jpg
foodloss-02.jpg

日本における1年間の食品ロスの量は、約600万トンといわれています。
この数値を日本人1人当たりに換算すると・・・
お茶碗約1杯分(約136g)の食べ物が毎日捨てられている
という計算になります。

我が国の食品ロス量は、国連WFP(国際連合世界食糧計画)による、世界中で飢餓に苦しむ人々(約8億人)に向けた世界の食料援助量約350万トンを大きく上回っております。
また、日本のコメ収穫量は約850万トンといわれていますが、食品ロス量はそれに追いつきそうな廃棄量といえるかもしれません。

今こそ、食糧の在り方や付き合い方について見直す必要があるのではないでしょうか。

foodloss-03.jpg

食品ロスの原因は?

食品ロスは、大きく分けて次の2つに分類されます。

◆ 一般家庭から排出されるもの
◆ 事業者から排出されるもの

1年間の食品ロスの量約600万トンのうち、「家庭由来のもの」「事業者由来のもの」それぞれ約50%を占めます。

◆ 一般家庭由来の食品ロスの原因は?
「食べ残し」
「調理時に食べられるものを捨てている」
「冷蔵庫内での賞味期限切れ」
等があります。

foodloss-04.jpg

◆ 事業者由来の食品ロスの原因は?
事業形態により変わってきます。

食品メーカー 定番カット食品や期限を超えた食品などの返品。
製造過程で発生する印刷ミスなどの規格外品など。
小売店 期限を超えたなどで販売できなくなった在庫。
新商品販売や規格変更に合わせて店頭から撤去された食品など。
レストランや飲食店 客が食べ残した料理。
客に提供できなかった仕込み済みの食材など。
foodloss-05.jpg

大村商事の取り組み

当社では、学校給食や社員食堂の生ごみの堆肥化を行っています。
その中には、食べることができない「調理くず」もありますが、食品ロスもかなりあります。
「堆肥になるから食べ残して良い※」わけではなく、「必要な分だけを選び食べる」ということが大切ではないかと思います。

※当社の食品リサイクルと堆肥についてのページはこちら

foodloss-06.jpg
foodloss-06-1.jpgfoodloss-06-2.jpg

食品ロス削減国民運動(NO-FOODLOSS PROJECT)と「ろすのん」

foodloss-07.jpg

日本には古来から受け継がれてきた「もったいない」という精神があります。
この「もったいない」を合言葉に、政府の5省庁(消費者庁、文部科学省、農林水産省、経済産業省、環境省)が連携し、平成24年7月に「食品ロス削減関係省庁等連絡会議」を立ち上げました。
官民をあげて食品ロス削減国民運動を推進していこうという考えです。

◆ 「ろすのん」とは?
上記運動を推進する「食品ロス削減国民運動ロゴマーク」のことです。

foodloss-09.jpg
foodloss-08.jpg

食品ロス削減にむけて、私たちが出来ること

食品ロス削減にむけ、「私たち(消費者)としてできること」をいくつか紹介していきます。ご参考にどうぞ。

  • 安いからといって買いすぎない。
  • 食べる以上に作りすぎない。
  • しっかりと食べきる。
  • 万が一、多く作ってしまった場合は冷蔵庫などでしっかり保管し、後日改めて食べる。
  • 宴会などでは、開始30分終了10分は「食べきりタイム」とし、席を立たずにしっかり食べきる。
  • 外食や宴会の予約は、突然キャンセルにならないよう良く考えてから行う。
foodloss-10.jpg